多文化社会と図書館

日本の国字を含む姓を中国語で表したいとき

先日「日本人の姓を中国語読みに変換するのは非常にやっかいなのだ、の巻」で、日本人の姓を中国語でどう表現するか、どう発音するのかの困難さを解説した。私自身も切実に知りたい問題なので、中国の方に実際に質問してみた。以下のように、実に丁寧でわかりやすい解説が返ってきたのだ。

-------------------------------------------------------------------

こんばんは。ハンズアカデミー渋谷校の張と申します。
この度は、お問合せを頂き、誠にありがとうございます。

「峠」という文字は日本で作られた国字(和製漢字)ですので、中国語には有りません。

でも、中国語では、「」という字で峠の地形を表す事が多いです。簡体字は山偏に令です。(当校のメールに簡体字は表示できません、ご了承ください。)発音はling 3声です。

だから、もし名前に「峠」と言う漢字有りましたら、意味同じである中国語の漢字「山偏に令 ling 3」で代替することが多いでしょう。読みも中国語の読みになるでしょう。

以上、ご参考ください。
宜しくお願い致します。

*******************
ハンズアカデミー 中国語学院  渋谷校
張麗
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-10-14長崎堂2F

URL:http://hansacademy.net

--------------------------------------------------------
前回の記事で紹介したYahoo知恵袋の回答で は、「峠」を qia3 で発音させるオンライン辞書がリンクしてあった。しかし中国人にとって、「峠」はマイナーすぎる(もともと日本人が発明した国字ではあるが)ので、意味の 似た別の字に代用させるケースのほうが多いのかもしれない。回答を総合すれば、国字を中国語で表すには以下の3パターンがあると思う。しかし決まった規則 や指針は存在しないのだろうか。

(1)意味の似た中国の字で代用する
(2)部首を取り払った中国の字で代用する
(3)日本の国字をそのまま中国で使用する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人の姓を中国語読みに変換するのは非常にやっかいなのね

近畿大学中央図書館「中国語で自分の名前をどう発音するのか調べたい。

近大図書館のレファは好感のもてる回答が多い。この回答もしっかり答えている。

しかし日本人の名前を中国読みにするのは、実に厄介な問題だ。実際に考えてみると悩む日本人が多分多いだろう。

たとえば「糸井さん」という日本人はどう中国語読みするのだろう。そもそも「糸」という漢字が中日辞書には存在しないのだ。

答えは「糸」を横に二つ並べて下に一本引いた  丝 si1 なのだ。だから糸井さんは丝井(スーチン)なのだ。

そのへんのマニュアルは存在するのだろうか。日本語にあって中国語に無い漢字が存在する。国字(「峠」など)もその例だ。

そういった名の中国読みをどう解決しているのか。その情報も提供できたほうが望ましい。私自身も知りたいところだ。

もし欧米人の名を中国語読みにするのなら、ルールは存在しないそうだ。だから好き勝手の漢字を使って当て字にできる。日本語はどうなのだろうか。


ところで、レファレンス協同データベースでは簡体字を表示できないのだろうか?
もしそうなら、不便じゃないだろうか。

追記:簡体字・日本語漢字変換という便利なサイトを見つけた。国字をどう発音するのかといった疑問の解決にはならないけど、とりあえず便利なサイトだ。

ヤフー知恵袋にいいQ&Aがあった。「国字は中国語でどのように表記したら良いのでしょうか?」

「峠」についても読みがでている。qia3 だそうだ。部首を取った発音をしているようだ。

同様に「畑」という国字(日本で発明された漢字)は、部首を取った「田」と同じ発音のtian2 だ。

追記:台湾人が書くブログを紹介する。たとえ康煕字典に収録されているマイナーな字であっても、部首を省略した読みを選択することが多いのか。勉強になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)