« 京都市立図書館が依怙地にも仕事を怠けている件(横山勝懲戒請求の件、その2) | トップページ

左京図書館横山勝の懲戒請求の件(その3)

10月1日に左京図書館を訪れた。前回の記事http://news.ap.teacup.com/reference/382.htmlの続きだ。

予約取り置き資料を受け取った後、OPAC端末へ向かった。Verlag で出版社検索を行った後、著者名で by で始まるものを検索した。

by で始まる姓は多数ある。アメリカ合衆国だけでもこんなにある。具体名は記事の末尾に引用する。http://www.surnamefinder.com/search/B143105.html
http://www.surnamefinder.com/search/B143617.html
http://www.surnamefinder.com/search/B144129.html

以前こちらの記事http://news.ap.teacup.com/reference/226.htmlで明らかにしたように、8月17日以前の時点で、京都市立図書館のOPAC
で、著者名に by を含めて書誌情報入力をしてしまっているものが263個見つけていた。その記事の白色で書かれた部分だ。ドラッグして反転させて読んでほしい。

(ここに263byのイメージを挿入)263by

少しの時間を費やしただけで、by
関連のミスをそれだけ見つけた。丁寧に時間をかけて調べれば、何十倍もミスが見つかるに違いないそれだけ杜撰だ。次の資料詳細を見てほしい。出版社名のミスがある。正確な綴りは
HarperCollins Publishers である。

書名 : Frog and Tord are Friends
巻名 : ふたりはともだち
著者名 : Arnold Lobel/著
出版社 : HarperCollinsPublish

あら捜しするな、とお思いだろうか。この種のミスだけでも6つ見つけた。しかもほとんど時間をかけていない。

書名 : Frog and Toad Together
副書名 : An I Can Read Books
著者名 : Arnold Lobel
出版社 : Harper Collins Publi

書名 : Frog and tord all year
著者名 : Arnold Lobel/
出版社 : HarperCollinsPublish

書名 : Days with Frog and Toad
巻名 : ふたりはいつも
著者名 : Arnold Lobel/著
出版社 : HarperCollinsPublish
出版年 : 1979
ページ数等 : 64p
大きさ : 23cm

書名 : FROG AND TOAD TOGETHER
巻名 : ふたりはいっしょ
著者名 : ARNOLD LOBEL
出版社 : HarperCollinsPublish
出版年 : 1972
ページ数等 : 64P
大きさ : 23cm
一般件名 : 絵本-外国

書名 : Fables
巻名 : ローベルおじさんのどうぶつものがたり
著者名 : Arnold Lobel/
出版社 : HarperCollins
出版年 : 1980
ページ数等 : 41p
大きさ : 30cm
一般件名 : 絵本-外国

出版社名に HarperCollins Publisher
と入れて検索してほしい。59件しか見つからない。しかし実際には同出版社の資料は164件も所蔵があるのだ。

59 (ここにイメージを挿入 59)164 (ここにイメージを挿入164)

これもすべて、市立図書館の書誌入力者の初歩的なミスにより、このように大量のミスがあるのだ。

試しに、書名に Frog を入れ(前方一致でも部分一致でもよい)、著者名を Arnold で前方一致検索をしてほしい。Frog And
Toad Together がヒットしない。次に出版社に HarperCollins, 著者名に "Arnold"
で前方一致検索をかけてほしい。もちろん上のどれだけひどい公共図書館なのだろう。

もう一度イメージ 263 をご覧いただこう。もちろんこの検索結果のなかに、バイロンやビョークのように、文字列が by で始まる姓も多数含まれている。

しかし「資料一覧」の3ページまでを開けただけで、以下の入力ミスが見つかる。すべて by を余計につけてしまったミスだ。以下の資料は 著者名の
by の前方一致検索ではヒットしない。確認済だ。

Toot by Holly H Little, Brown 2007 図書
Days by Arnold HarperCollins Publis c1979 図書
Frog by Arnold HarperCollins Publis c1976 図書
Frog by Arnold HarperCollins Publis c1972 図書
Knuffle Bunny too by Mo Willems Hyperion Books for C c2007 図書
Henry's freedom box by Ellen Levine Scholastic Press 2007 図書
Sparkle and spin by Ann & Paul Rand Chronicle Books 2006 図書
Little 1 by Ann & Paul Rand Chronicle Books 2006 図書
The happy lion roars by Louise Fatio Knopf [2006] 図書

ヒットした27ページすべてを抜き出すのは大変なので、割愛する。しかしどれだけ多くのミスをしているか、窺い知れたと思う。

以前記事で明らかにしたように、OCLC の WorldCat も著者名に by
を含めて入力している本が多数ある。しかしあのサイトではそのことが問題とはならない。前方一致検索の機能がないからだ。

しかし富士通 iLis 関係の OPAC
では、前方一致検索が備わっていることが多い。そのことをきちんと認識しておけば防げるミスだ。いかに漫然と書誌入力を行っているかがわかる。

さて、読者には以下の当会報の記事を参照いただきたい。私は左京図書館にこの問題を具体的に告げていた。高井主任に直接告げた。その横には長尾浩が突っ立って聞いていた。さらに館長の横山勝にも告げた。

OPACに書誌情報を間違って入力するのは教育の機会損失なのだ、の巻 http://news.ap.teacup.com/reference/157.html

OPACへの入力を疎かにすることは、本を傷めるのと同じくらい罪深いのだ、の巻
http://news.ap.teacup.com/reference/158.html

左京図書館の高井かづみ主任と5回戦を行った、の巻http://news.ap.teacup.com/reference/180.html

左京図書館の職員の実態について
http://news.ap.teacup.com/reference/193.html

図書館職員のレファレンス<参照>原理とは?‏http://news.ap.teacup.com/reference/189.html

日本一OPACへの書誌情報入力に間違いの多い図書館?
http://news.ap.teacup.com/reference/226.html

しかし10月1日に by の著者名検索で調べたところ、全然間違いが修正されていなかった。この記事を書いている現在(10月4日)もだ。

(次の記事へと続く)Byarm Byarms
Byarre Byars
Byarski Byarton
Byas Byase
Byasee Byass
Byasse Byassee
Byasson Byatdashtui
Byatt Byaus
Byavy Byaw
Byayton Byba
Bybau Bybe
Bybee Bybel
Bybell Byber
Byberg Byberneit
Bybes Bybie
Byble Bybliw
Byblyk Bybokas
Byborn Byboth
Bybron Bybulski
Bybushky Bybuth
Bybw Bybyrum
Byc Byca
Byce Bycek
Bycel Bycens
Bycenski Bycer
Bych Bychak
Bychan Bychawski
Bycheck Bychek
Bycher Bychich
Bychick Bychinski
Bychinsky Bychkovski
Bychkowski Bychkowsky
Bychman Bychok
Bycholski Bychovcov
Bychowetz Bychowiec
Bychowski Bychowsky
Bychurch Bychylo
Byci Bycina
Byck Byckewicz
Byckhardt Bycking
Byckle Byckman
Bycko Byckoff
Byckov Byckowski
Byckowsky Byco
Bycoffe Bycofs
Bycofski Bycok
Bycoski Bycoskie
Bycosky Bycott
Bycowsky Bycrafs
Bycraft Bycroft
Bycsek Bycul
Bycura Bycuznski
Bycynski Bycz
Byczajka Byczek
Byczenski Byczinski
Byczkalo Byczkiewicz
Byczko Byczkoski
Byczkowski Byczkowsky
Bycznski Byczynska
Byczynski Byd
Byda Bydairk
Bydal Bydalek
Bydarian Bydark
Bydash Bydbill
Bydd Bydden
Byde Bydeley
Byden Byder
Byderman Bydes
Bydevier Bydewell
Bydlik Bydlinski
Bydlon Bydlos
Bydlose Bydlowski
Bydo Bydock
Bydolak Bydolek
Bydon Bydone
Bydoni Bydonie
Bydonnie Bydook
Bydston Bydume
Bydune Bydvo
Bydynkowski Bydzovsky
Bydzyk Bye
Byea Byear
Byears Byeck
Byecroft Byed
Byee Byees
Byeff Byefield
Byeford Byegas
Byeis Byelas
Byelat Byelene
Byelenitsky Byeley
Byelich Byelick
Byelow Byelsky
Byen Byenbrook
Byene Byenes
Byennan Byens
Byenth Byeon
Byer Byeran
Byerbach Byerd
Byere Byerely
Byerer Byeres
Byergo Byerhof
Byerhoff Byerigg
Byerkly Byerl
Byerlay Byerle
Byerlee Byerlein
Byerleine Byerlet
Byerley Byerline
Byerlotzer Byerluy
Byerly Byerman
Byermann Byern
Byernes Byerns
Byerrum Byers
Byersdorf Byersdorfer
Byersdorff Byersdoz
Byersmith Byerson
Byerts Byerum
Byerwalter Byerwalters
Byes Byeseda
Byeski Byess
Byest Byesteld
Byeth Byetolen
Byett Byette
Byeura Byev
Byewater Byfard
Byfelt Byferd
Byfiel Byfield
Byfoot Byford
Byfugelien Byfuglien
Bynce Bynch
Bynd Byndas
Bynde Bynder
Bynderian Byndham
Byndless Byndloss
Byndom Byndon
Byndow Byndrian
Byndum Byne
Bynee Bynees
Bynegton Bynell
Bynelos Bynem
Byner Bynerd
Byners Bynerson
Bynert Bynes
Byness Byng
Byngelli Bynggeli
Byngham Byngton
Bynham Bynhom
Bynicki Byniecski
Bynim Bynion
Byniowsky Bynkewicz
Bynkhem Bynm
Bynne Bynner
Bynnes Bynnion
Bynns Byno
Bynock Bynod
Bynoe Bynog
Bynom Bynon
Bynorety Bynorth
Bynote Bynoth
Bynoum Bynside
Bynsky Bynter
Byntly Bynulm
Bynum Bynumn
Bynums Bynun
Bynus Byo
Byochel Byock
Byod Byoff
Byoir Byom
Byomin Byon
Byone Byones
Byonie Byonitt
Byonne Byons
Byor Byorak
Byord Byoreck
Byorek Byorgese
Byorguf Byorick
Byoris Byork
Byorke Byorkman
Byorn Byorne
Byorni Byors
Byorth Byorum
Byos Byoski
Byots Byouer
Byouk Byoun
Byoune Byous
Byowitz Byox
Byp Bypeld
Byppell Byppine
Byquist Byra
Byrad Byral
Byram Byramian
Byrams Byran
Byrance Byrand
Byraner Byrans
Byrant Byraom
Byras Byrbe
Byrbee Byrbella
Byrce Byrch
Byrchard Byrcharde
Byrd Byrd Heitman
Byrd Miller Byrda
Byrdads Byrdak
Byrde Byrden
Byrdges Byrdic
Byrdie Byrdine
Byrdjr Byrdlon
Byrdlong Byrdo
Byrdoff Byrdralph
Byrds Byrdsal
Byrdsall Byrdsell
Byrdsley Byrdsol
Byrdsoll Byrdson
Byrdsong Byrdstraw
Byrdwell Byrdy
Byrdziak Byre
Byreby Byree
Byrees Byreiter
Byrel Byreley
Byrem Byremo
Byren Byrend
Byrenes Byrens
Byrer Byrerly
Byrers Byres
Byress Byret
Byreum Byrgan
Byrge Byrget
Byrgin Byrgru
Byrhe Byrholdt
Byrich Byrick
Byride Byrider
Byrie Byriel
Byrien Byries
Byrieter Byrin
Byrington Byrins
Byris Byrise
Byriter Byrk
Byrka Byrkeland
Byrkenhd Byrket
Byrkett Byrkgeli
Byrkhart Byrkit
Byrknes Byrlay
Byrley Byrlle
Byrly Byrman
Byrme Byrmer
Byrms Byrn
Byrna Byrnas
Byrncs Byrne
Byrne Howard Byrne Quemer
Byrne Wallac Byrne Wirth
Byrneii Byrnell
Byrneo Byrner
Byrnes Byrnett
Byrnham Byrnie
Byrnies Byrnn
Byrnnes Byrnns
Byrnrs Byrns
Byrnse Byrnsede
Byus Byuse
Byusn Byvalers
Byvanck Byvangk
Byvank Byveld
Byversen Byvick
Byvik Byville
Byvins Byvoet
Byvoets Byw
Bywalec Bywaletz
Bywalski Bywalsky
Bywalzew Byward
Bywashers Bywate
Bywateh Bywater
Bywaters Byway
Bywell Bywood
Byxbe Byxbee
Byxby Byyate
Byykkonen Byyny
Byyoure Byzak
Byzantine Byzantium
Byzek Byzen
Byzet Byzett
Byzews Byzewski
Byzinski Byzio
Byzkrony Byzon
Byzook

|

« 京都市立図書館が依怙地にも仕事を怠けている件(横山勝懲戒請求の件、その2) | トップページ

コメント

That is known that money can make people independent. But what to do when someone has no cash? The only one way is to try to get the loan or just student loan.

投稿: loans | 2011年7月25日 (月) 12時31分

Different people in every country receive the home loans from different creditors, because this is comfortable.

投稿: mortgage loans | 2011年8月28日 (日) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512037/37074377

この記事へのトラックバック一覧です: 左京図書館横山勝の懲戒請求の件(その3):

« 京都市立図書館が依怙地にも仕事を怠けている件(横山勝懲戒請求の件、その2) | トップページ