« ワードクラウドと聞き返し、両方ほしい? | トップページ | 「新字体」ではなく「簡体字」と書くべきでしょう »

埼玉県立「破事在得意之日の意味を知りたい」  

「破事在得意之日」という言葉の意味を知りたい。中国の戒めの言葉らしい。
埼玉県立図書館は、これを未解決とした。

しかし「事の破るるは得意の日」で検索すると多数ヒットする。「逆境のときこそチャンスだ」という意味だそうだ。

昔の報知新聞より引用:
「...筆者は鮎川君に好意を持つある財界人から同君への伝言を頼まれた、それは韓退之だったと思うが次の漢詩である
成名毎在窮苦時
破事多在得意時

韓退之とは韓愈 (かんゆ)の別名だそうだ。

澁澤栄一が似た言葉を言っていたそうだ。

引用:成名毎在窮苦日、敗事多因得意時 「名を成すはつねに窮苦の日にあり、敗れること多くは得意の時による」 澁澤栄一

しかしこれは韓愈から取ってきた言葉だろうか。
オリジナルを探そうと、中国語のデータベースや Google や baidu 検索、Google Books 検索や全唐詩・宋詩検索を実施したが、恥ずかしながら見つけられなかった。見つけたら再アップする。

|

« ワードクラウドと聞き返し、両方ほしい? | トップページ | 「新字体」ではなく「簡体字」と書くべきでしょう »

レファレンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512037/35278958

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県立「破事在得意之日の意味を知りたい」  :

« ワードクラウドと聞き返し、両方ほしい? | トップページ | 「新字体」ではなく「簡体字」と書くべきでしょう »