« 埼玉県立久喜図書館 vs 私 | トップページ | 宿題と決めつけないで »

レファ女(レファ男も)に求められるのは英語力だ!の巻  

埼玉県立久喜図書館のレファレンスがレファ協のデータベースにあった。

--------------------------------------------------------
質問

「serendipity」という言葉の由来となった話を探している。何の本で見たのかは不明。セレンディプ[セイロン=現在のスリランカの古い呼称]に 三人の王子がいて、幸福を求めて旅に出ていろいろ経験をした。その後、思いがけないところに幸せがあった、という内容のもの。

回答

該当する資料は見つからず。数年前にも同じ質問を子ども室で受けていたが未解決だった。
-------------------------------------------
結果的には他大学の図書館(近畿大学中央図書館)の備考欄コメントでの協力を得て問題の本に辿り着いたようだ。しかし回答者に英語ができればもっとすんなり見つけられたのにと思う。

まず etymoline.com で serendipity を入れて検索する。英語の語源を調べる定番だ。
---------------------------------------------------
serendipity
1754 (but rare before 20c.), coined by Horace Walpole (1717-92) in a letter to Mann (dated Jan. 28); he said he formed it from the Persian fairy tale "The Three Princes of Serendip," whose heroes "were always making discoveries, by accidents and sagacity, of things they were not in quest of." The name is from Serendip, an old name for Ceylon (modern Sri Lanka), from Arabic Sarandib, from Skt. Simhaladvipa "Dwelling-Place-of-Lions Island." Serendipitous formed c.1950.
---------------------------------------------------
そこで "The Three Princes of Serendip" をウィキペディアで調べる。以下がそのものずばりの回答にあたる記述だ。英語では絶版とのこと。

------------------------------------
The story first came to English via a French translation, and now exists in several out-of-print translations.
-----------------------------------------
上に引用した箇所には脚注があり、こう書いてある。
---------------------------------------------
^ e.g. Remer, T. G., Ed. (1965) Serendipity and the Three Princes of Serendip; From the Peregrinaggio of 1557. University of Oklahoma Press, Norman, OK. and Hodges, E. J. (1964) The Three Princes of Serendip. Atheneum, New York.
-----------------------------------
つまりこの脚注によるとノルマンとホッジズが著した本の和訳を探せばいいことになる。

Wikipediaの該当ページには英語とフランス語とロシア語のページしかなかった。レファレンス司書には最低の英語力くらいは身に着けておくべきだ。

|

« 埼玉県立久喜図書館 vs 私 | トップページ | 宿題と決めつけないで »

レファレンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512037/35278326

この記事へのトラックバック一覧です: レファ女(レファ男も)に求められるのは英語力だ!の巻  :

« 埼玉県立久喜図書館 vs 私 | トップページ | 宿題と決めつけないで »