« 京都市動物園で質問しまくったゾ、の巻 | トップページ | 京都大学の学部の図書室 »

精華大学のレファレンスは質が高いゾの巻

京都精華大学情報館のレファレンスサービスを利用してみました。

きっかけは、NDLのレファ協で精華大学情報館のレファレンス担当の方のインタビューを読んだことです。それがきっかけで最近京都精華大学にレファレンスを2件お願いしてみました。

ひとつは環境問題でした。Youtube に英国のテレビ番組 "The Global Warming Swindle" がアップされていて、それを見ての疑問でした。地球温暖化人為説への懐疑派によると、地球温暖化のあと800年後れて地球のCO2濃度が上がります。これを詳しく解説した本が知りたいというのが依頼内容でした。

もうひとつは漫画関係の疑問です。日本の漫画では、「形喩」が過剰なほど豊富なのに、外国の漫画で使われるそれが思い浮かばないのです。両者を比較して体系的に解説した本はないか、というのが依頼内容でした。

環境問題はKさんが、漫画はNさんが担当してくださいました。希望期限を設けなかったこともありますが、それだけではなく二人とも実に意欲的で、多くの参考文献を挙げてくださっただけでなく、挙げられた参考文献に沿って、丁寧にそれぞれ解説してくださいました。

特に感動したのが、Nさんです。ただ機械的に仕事をするのではなく、あたかもひとつの作品を提示するように、参考文献リストを有機的に作成し、魅力たっぷりの解説をしてくださいました。話がおもしろい、発想がおもしろいだけでなく、司書さん自身がそのレファレンス内容を調べるのが楽しかったかのように話されましたのですごくうれしかったです。回答自体の質も高いものでした。

このように、京都精華大学のレファレンスは今までで最高でした。一般にも開放されているのがうれしいです。ここの図書館はレファレンスが優れているだけでなく、蔵書も魅力的ですし、提示の仕方もすばらしいと思います。建物も西洋の図書館のように、天井がバカに高いし、それがすごく開放的で何時間もいたくなります。

質問者にとって何よりうれしいのは、ある質問が、回答者さんにとっても考えて調べる意義のある質問と思ってくださることです。それが感じられた時、すごくうれしくなります。たとえそれが面白く思っている演技であっても、質問者を不快にさせない礼儀であっても、本心から面白いと思っているのであっても、いずれにせよすばらしいことだと思います。

NさんとKさんに提示していただいた本は読み始めているところです。全部読んだら感想を書いてメールでお礼とともに送るつもりです。

|

« 京都市動物園で質問しまくったゾ、の巻 | トップページ | 京都大学の学部の図書室 »

レファレンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512037/35277481

この記事へのトラックバック一覧です: 精華大学のレファレンスは質が高いゾの巻:

« 京都市動物園で質問しまくったゾ、の巻 | トップページ | 京都大学の学部の図書室 »