左京図書館横山勝の懲戒請求の件(その3)

10月1日に左京図書館を訪れた。前回の記事http://news.ap.teacup.com/reference/382.htmlの続きだ。

予約取り置き資料を受け取った後、OPAC端末へ向かった。Verlag で出版社検索を行った後、著者名で by で始まるものを検索した。

by で始まる姓は多数ある。アメリカ合衆国だけでもこんなにある。具体名は記事の末尾に引用する。http://www.surnamefinder.com/search/B143105.html
http://www.surnamefinder.com/search/B143617.html
http://www.surnamefinder.com/search/B144129.html

以前こちらの記事http://news.ap.teacup.com/reference/226.htmlで明らかにしたように、8月17日以前の時点で、京都市立図書館のOPAC
で、著者名に by を含めて書誌情報入力をしてしまっているものが263個見つけていた。その記事の白色で書かれた部分だ。ドラッグして反転させて読んでほしい。

(ここに263byのイメージを挿入)263by

少しの時間を費やしただけで、by
関連のミスをそれだけ見つけた。丁寧に時間をかけて調べれば、何十倍もミスが見つかるに違いないそれだけ杜撰だ。次の資料詳細を見てほしい。出版社名のミスがある。正確な綴りは
HarperCollins Publishers である。

書名 : Frog and Tord are Friends
巻名 : ふたりはともだち
著者名 : Arnold Lobel/著
出版社 : HarperCollinsPublish

あら捜しするな、とお思いだろうか。この種のミスだけでも6つ見つけた。しかもほとんど時間をかけていない。

書名 : Frog and Toad Together
副書名 : An I Can Read Books
著者名 : Arnold Lobel
出版社 : Harper Collins Publi

書名 : Frog and tord all year
著者名 : Arnold Lobel/
出版社 : HarperCollinsPublish

書名 : Days with Frog and Toad
巻名 : ふたりはいつも
著者名 : Arnold Lobel/著
出版社 : HarperCollinsPublish
出版年 : 1979
ページ数等 : 64p
大きさ : 23cm

書名 : FROG AND TOAD TOGETHER
巻名 : ふたりはいっしょ
著者名 : ARNOLD LOBEL
出版社 : HarperCollinsPublish
出版年 : 1972
ページ数等 : 64P
大きさ : 23cm
一般件名 : 絵本-外国

書名 : Fables
巻名 : ローベルおじさんのどうぶつものがたり
著者名 : Arnold Lobel/
出版社 : HarperCollins
出版年 : 1980
ページ数等 : 41p
大きさ : 30cm
一般件名 : 絵本-外国

出版社名に HarperCollins Publisher
と入れて検索してほしい。59件しか見つからない。しかし実際には同出版社の資料は164件も所蔵があるのだ。

59 (ここにイメージを挿入 59)164 (ここにイメージを挿入164)

これもすべて、市立図書館の書誌入力者の初歩的なミスにより、このように大量のミスがあるのだ。

試しに、書名に Frog を入れ(前方一致でも部分一致でもよい)、著者名を Arnold で前方一致検索をしてほしい。Frog And
Toad Together がヒットしない。次に出版社に HarperCollins, 著者名に "Arnold"
で前方一致検索をかけてほしい。もちろん上のどれだけひどい公共図書館なのだろう。

もう一度イメージ 263 をご覧いただこう。もちろんこの検索結果のなかに、バイロンやビョークのように、文字列が by で始まる姓も多数含まれている。

しかし「資料一覧」の3ページまでを開けただけで、以下の入力ミスが見つかる。すべて by を余計につけてしまったミスだ。以下の資料は 著者名の
by の前方一致検索ではヒットしない。確認済だ。

Toot by Holly H Little, Brown 2007 図書
Days by Arnold HarperCollins Publis c1979 図書
Frog by Arnold HarperCollins Publis c1976 図書
Frog by Arnold HarperCollins Publis c1972 図書
Knuffle Bunny too by Mo Willems Hyperion Books for C c2007 図書
Henry's freedom box by Ellen Levine Scholastic Press 2007 図書
Sparkle and spin by Ann & Paul Rand Chronicle Books 2006 図書
Little 1 by Ann & Paul Rand Chronicle Books 2006 図書
The happy lion roars by Louise Fatio Knopf [2006] 図書

ヒットした27ページすべてを抜き出すのは大変なので、割愛する。しかしどれだけ多くのミスをしているか、窺い知れたと思う。

以前記事で明らかにしたように、OCLC の WorldCat も著者名に by
を含めて入力している本が多数ある。しかしあのサイトではそのことが問題とはならない。前方一致検索の機能がないからだ。

しかし富士通 iLis 関係の OPAC
では、前方一致検索が備わっていることが多い。そのことをきちんと認識しておけば防げるミスだ。いかに漫然と書誌入力を行っているかがわかる。

さて、読者には以下の当会報の記事を参照いただきたい。私は左京図書館にこの問題を具体的に告げていた。高井主任に直接告げた。その横には長尾浩が突っ立って聞いていた。さらに館長の横山勝にも告げた。

OPACに書誌情報を間違って入力するのは教育の機会損失なのだ、の巻 http://news.ap.teacup.com/reference/157.html

OPACへの入力を疎かにすることは、本を傷めるのと同じくらい罪深いのだ、の巻
http://news.ap.teacup.com/reference/158.html

左京図書館の高井かづみ主任と5回戦を行った、の巻http://news.ap.teacup.com/reference/180.html

左京図書館の職員の実態について
http://news.ap.teacup.com/reference/193.html

図書館職員のレファレンス<参照>原理とは?‏http://news.ap.teacup.com/reference/189.html

日本一OPACへの書誌情報入力に間違いの多い図書館?
http://news.ap.teacup.com/reference/226.html

しかし10月1日に by の著者名検索で調べたところ、全然間違いが修正されていなかった。この記事を書いている現在(10月4日)もだ。

(次の記事へと続く)Byarm Byarms
Byarre Byars
Byarski Byarton
Byas Byase
Byasee Byass
Byasse Byassee
Byasson Byatdashtui
Byatt Byaus
Byavy Byaw
Byayton Byba
Bybau Bybe
Bybee Bybel
Bybell Byber
Byberg Byberneit
Bybes Bybie
Byble Bybliw
Byblyk Bybokas
Byborn Byboth
Bybron Bybulski
Bybushky Bybuth
Bybw Bybyrum
Byc Byca
Byce Bycek
Bycel Bycens
Bycenski Bycer
Bych Bychak
Bychan Bychawski
Bycheck Bychek
Bycher Bychich
Bychick Bychinski
Bychinsky Bychkovski
Bychkowski Bychkowsky
Bychman Bychok
Bycholski Bychovcov
Bychowetz Bychowiec
Bychowski Bychowsky
Bychurch Bychylo
Byci Bycina
Byck Byckewicz
Byckhardt Bycking
Byckle Byckman
Bycko Byckoff
Byckov Byckowski
Byckowsky Byco
Bycoffe Bycofs
Bycofski Bycok
Bycoski Bycoskie
Bycosky Bycott
Bycowsky Bycrafs
Bycraft Bycroft
Bycsek Bycul
Bycura Bycuznski
Bycynski Bycz
Byczajka Byczek
Byczenski Byczinski
Byczkalo Byczkiewicz
Byczko Byczkoski
Byczkowski Byczkowsky
Bycznski Byczynska
Byczynski Byd
Byda Bydairk
Bydal Bydalek
Bydarian Bydark
Bydash Bydbill
Bydd Bydden
Byde Bydeley
Byden Byder
Byderman Bydes
Bydevier Bydewell
Bydlik Bydlinski
Bydlon Bydlos
Bydlose Bydlowski
Bydo Bydock
Bydolak Bydolek
Bydon Bydone
Bydoni Bydonie
Bydonnie Bydook
Bydston Bydume
Bydune Bydvo
Bydynkowski Bydzovsky
Bydzyk Bye
Byea Byear
Byears Byeck
Byecroft Byed
Byee Byees
Byeff Byefield
Byeford Byegas
Byeis Byelas
Byelat Byelene
Byelenitsky Byeley
Byelich Byelick
Byelow Byelsky
Byen Byenbrook
Byene Byenes
Byennan Byens
Byenth Byeon
Byer Byeran
Byerbach Byerd
Byere Byerely
Byerer Byeres
Byergo Byerhof
Byerhoff Byerigg
Byerkly Byerl
Byerlay Byerle
Byerlee Byerlein
Byerleine Byerlet
Byerley Byerline
Byerlotzer Byerluy
Byerly Byerman
Byermann Byern
Byernes Byerns
Byerrum Byers
Byersdorf Byersdorfer
Byersdorff Byersdoz
Byersmith Byerson
Byerts Byerum
Byerwalter Byerwalters
Byes Byeseda
Byeski Byess
Byest Byesteld
Byeth Byetolen
Byett Byette
Byeura Byev
Byewater Byfard
Byfelt Byferd
Byfiel Byfield
Byfoot Byford
Byfugelien Byfuglien
Bynce Bynch
Bynd Byndas
Bynde Bynder
Bynderian Byndham
Byndless Byndloss
Byndom Byndon
Byndow Byndrian
Byndum Byne
Bynee Bynees
Bynegton Bynell
Bynelos Bynem
Byner Bynerd
Byners Bynerson
Bynert Bynes
Byness Byng
Byngelli Bynggeli
Byngham Byngton
Bynham Bynhom
Bynicki Byniecski
Bynim Bynion
Byniowsky Bynkewicz
Bynkhem Bynm
Bynne Bynner
Bynnes Bynnion
Bynns Byno
Bynock Bynod
Bynoe Bynog
Bynom Bynon
Bynorety Bynorth
Bynote Bynoth
Bynoum Bynside
Bynsky Bynter
Byntly Bynulm
Bynum Bynumn
Bynums Bynun
Bynus Byo
Byochel Byock
Byod Byoff
Byoir Byom
Byomin Byon
Byone Byones
Byonie Byonitt
Byonne Byons
Byor Byorak
Byord Byoreck
Byorek Byorgese
Byorguf Byorick
Byoris Byork
Byorke Byorkman
Byorn Byorne
Byorni Byors
Byorth Byorum
Byos Byoski
Byots Byouer
Byouk Byoun
Byoune Byous
Byowitz Byox
Byp Bypeld
Byppell Byppine
Byquist Byra
Byrad Byral
Byram Byramian
Byrams Byran
Byrance Byrand
Byraner Byrans
Byrant Byraom
Byras Byrbe
Byrbee Byrbella
Byrce Byrch
Byrchard Byrcharde
Byrd Byrd Heitman
Byrd Miller Byrda
Byrdads Byrdak
Byrde Byrden
Byrdges Byrdic
Byrdie Byrdine
Byrdjr Byrdlon
Byrdlong Byrdo
Byrdoff Byrdralph
Byrds Byrdsal
Byrdsall Byrdsell
Byrdsley Byrdsol
Byrdsoll Byrdson
Byrdsong Byrdstraw
Byrdwell Byrdy
Byrdziak Byre
Byreby Byree
Byrees Byreiter
Byrel Byreley
Byrem Byremo
Byren Byrend
Byrenes Byrens
Byrer Byrerly
Byrers Byres
Byress Byret
Byreum Byrgan
Byrge Byrget
Byrgin Byrgru
Byrhe Byrholdt
Byrich Byrick
Byride Byrider
Byrie Byriel
Byrien Byries
Byrieter Byrin
Byrington Byrins
Byris Byrise
Byriter Byrk
Byrka Byrkeland
Byrkenhd Byrket
Byrkett Byrkgeli
Byrkhart Byrkit
Byrknes Byrlay
Byrley Byrlle
Byrly Byrman
Byrme Byrmer
Byrms Byrn
Byrna Byrnas
Byrncs Byrne
Byrne Howard Byrne Quemer
Byrne Wallac Byrne Wirth
Byrneii Byrnell
Byrneo Byrner
Byrnes Byrnett
Byrnham Byrnie
Byrnies Byrnn
Byrnnes Byrnns
Byrnrs Byrns
Byrnse Byrnsede
Byus Byuse
Byusn Byvalers
Byvanck Byvangk
Byvank Byveld
Byversen Byvick
Byvik Byville
Byvins Byvoet
Byvoets Byw
Bywalec Bywaletz
Bywalski Bywalsky
Bywalzew Byward
Bywashers Bywate
Bywateh Bywater
Bywaters Byway
Bywell Bywood
Byxbe Byxbee
Byxby Byyate
Byykkonen Byyny
Byyoure Byzak
Byzantine Byzantium
Byzek Byzen
Byzet Byzett
Byzews Byzewski
Byzinski Byzio
Byzkrony Byzon
Byzook

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都市立図書館が依怙地にも仕事を怠けている件(横山勝懲戒請求の件、その2)

昨日10月1日に左京図書館を訪れた。資料の返却の際、受付席に座っていた和風美人の高井かづみ主任をちらっと見て目の保養をした。取り置き本をお願いした時人生に疲れた様子の長谷川さんを見て、相変わらずだなと思った。

次に私はOPAC端末を使った。今思い出した。著者名の 「byで始まる検索」 をする前に、出版者に Verlag
を入力して、ドイツ語の本の書誌詳細の間違いを見つけようとしたのだ。すると1ページ目で間違いを見つけた。それが前回の記事で紹介した資料だ。

さらっとメモをしただけなので、丹念深く調べれば多数見つかるだろう。前回指摘しなかったドイツ語綴りの間違いについて、さらに指摘する。

いばら姫は "Dornröschen" が正しい綴りなのに、すべてウムラウトを無視している。これを入力した職員には ö と o
が別の記号であることを知らないのだろう。それらが別記号であることは、「ゅ」と「ゆ」が別の記号であることとまったく同じ理由なのだ。変音することで複数の意味になったり、全然別の意味になったりする。これは小さくないミスなのだ。

以下に引用する3件が京都市立図書館OPACで間違えているいばら姫の資料だ。すべてウムラウトを無視している。

Dornroschen ドイツ語版 Perter Becker Altberliner 1986 図書
Dornroschen Grimm Artemis Verlag 1979 図書
ねむりひめ グリム/[原作] 福音館書店 1974 図書

これ以外にもウムラウトを無視して入力した資料がたくさんあるに違いない。京都市立図書館は多文化社会にはタッチしない図書館だが、なるほど頷ける。左京の副館長の長尾浩に直接言っても怒鳴りつけるのだから。「そんなことを言っているやつを連れて来い。」


こうやって書誌入力のミスを挙げてもきりがないが、一般市民や政治家に例証するために挙げなければならない。面倒だが、私の義務であると考えている。次もひどいミスだ。

書名 : Der kleine Kleine Krebs
副書名 : ちびのざりがに
著者名 : Celestino Piatti
出版社 : Artimis Verlag
出版年 : 1973

まず、一つ目の kleine が余分だ。次に Artemis の綴りが間違えている。

出版者で検索する人などいないと考えていたら大間違いだ。京都市立図書館の職員はわれわれのように本を読まないからそのように考えるのかもしれない。たいして重要なミスと思わないのかもしれない。

しかしわれわれのように大量に調べ者をする人間にとって、あなた方のような考えの司書は敵である。向上心があり旺盛な学習をする者にとって、あなた方は敵以外の何者でもないのである。大きな「教育の機会損失」をあなた方は作り出しているのである。

次を見てほしい。これは中学生でもわかるミスだ。

書名 : The three little menin the wood
著者名 : The Brothers Grimm
出版社 : Zbinden verlag basel
出版年 : 1982

そう、 men in と離して書かなければいけない。そうでないと検索できない。これも重大なミスである。

左京図書館の横山と京都市中央図書館の佐々木善弘は平気で嘘を言うから、これも証拠を残しておかないとまた「そんな事実はありませんでした」と嘘をつかれるのか。左京の長尾浩は私が指摘したCDブックに添付すべきシールの情報などに対して知らぬふりをした。

道徳はどうなっているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左京図書館の人生に疲れたロリ女・和風美人のかづみ主任・東山図書館の布団おばさん等

昨日久しぶりに左京図書館を訪れた。まず返却カウンターで資料を返した。隣の受付席では和風美人の高井かづみが座っている。なぜか今日は笑顔だった。やっぱり美人だ。有名人に喩えれば大竹しのぶ似だが、もう少し美人だ。少し骸骨が入っている。しかし悪い意味ではない。いつもはツンと澄ました顔をして、リアクションも薄くお人形さんみたいだ。

次に貸し出しカウンターへ行って、予約取り置き資料をお願いした。そこにいた非常勤職員の長谷川さんは相変わらず「仕事つまんね」そうな様子だった。仕事と仕事が好きかの関係を表す短くて便利な言葉がなくて残念だ。職場と住居の近接なら「職住近接」という言葉がある。仕事とそれへの愛着が一致する人は多くはないのかもしれない。

そもそもこの職員に限らず、図書館には「なぜこの人がここで働いているのだろう」と思える人が少なくない。たまたまこの仕事を選んだのか、それとも図書館への意気込みはあるのにそれを現実が適えてくれないのか、どちらだろう?

インターネットの人々の感想を読むと、世の中には司書の資格を持っていても、門戸が狭くて仕事にありつけない人がごろごろいるそうだ。それなのに、現実には京都市立東山図書館の丸田美紀子という係員と、奈良の布団おばさんにそっくりな前田由美子という職員(主任?)のようなやる気のない職員が公共図書館には多い。この二人は最も悪質な部類に入る。簡単なレファレンスを頼んでも、図書の案内をするのは自分たちの仕事ではないといった反応で応対する。丸田は露骨に嫌そうな顔をし、返却席にいる職員とひそひそ話しをしている。前田は嫌味さえも言う。これらの職員には、いかに自分たちが正規で仕事をさせてもらえてありがたいかを感じずにきているのだろう。いっそのこと、ガラガラポンしてこういったやる気のない職員を切って新しい血を導入してはどうか。やる気のある潜在職員はいっぱいいるだろう。

さて、私はロリ顔なのに人生に疲れた様子の貸し出し席の職員を後にし、端末蔵書検索機に行った。資料の延長手続きと、予約手続きを済ませた後、著者名の by 検索を行った。
by 検索でヒットしたのか覚えていないが、次の本がヒットした。"Ich Kann Zahlen" ドイツ語の絵本のタイトルだ。

書名: Ich Kann Zahlen
著者名: Richard Scarry
出版社: Delphin Verlag

おや、と私は思った。一人でお使いできるもん、の類の絵本だろうか。書名をメモして自宅でネットして WorldCat
で調べた。やはり書名が間違っていた。正しくは Ich kann zählen だ。小さなミスと思うだろうか?ä と a
くらい発音がちょっと違うだけで、同じことじゃん、と思うだろうか。

大きなミスである。zahlen と zählen
http://ja.wiktionary.org/wiki/z%C3%A4hlenでは意味が違う。zahlen
は「支払う」、後者は「数える」の意味である。

「ひとりで買い物(支払い)できるもん」ではなく「ひとりで数を数えられるもん」の意味である。全然意味が違う。

やれやれ、たまたま開けたOPACのページがこれだ。いったい何千の書誌詳細情報のミスがあるのだろう。時間をほとんど経ずして、次のミスが見つかった。以下のようになっている。

書名 : Franzosisch
著者名 : Angela Wikes
出版社 : Carlsen Verlag
出版年 : 1987
ページ数等 : 36p

これも変音記号(ウムラウト)を無視した強引な綴りだ。あまり違いないと思い込んでいるのだろう。書名:Französisch
著者名:Angela Wilkes が正しい綴りである。

学がないのは恐ろしいことだ。「o や a
の上の変な記号くらい、どちらでもいいでしょ。見つかっても問題視されないだろうし。」と考えていたとしたら恐ろしいことだ。私の想像では、非常勤の職員には書誌入力はやらせてもらえないはずだ。しかし京都市立図書館の場合は常勤図書館もレベルも道徳も低い人間が少なくないのだ。常勤職員だからきちんと仕事をするというわけではないのだ。

ウムラウト記号を勝手にはずすことは、「上級(じょうきゅう)」と「昇給(しょうきゅう)」が一緒でしょ、と外国語話者が言い訳するようなものである。「週給(しゅうきゅう)」と「昇給(しょうきゅう)」が一緒でしょ、だから「しょうきゅう」を「しゅうきゅう」と書いても大目に見てよ、と言い訳するようなものである。

書誌情報を入力した「司書」が著しく見識に劣っているのは、それ自体でも問題だ。しかしそれ以上に問題なのは、この記事だけでなくほかの複数の記事でも指摘したように、この市の図書館には多数の(おそらく1,000件を超える)書誌情報の入力ミスがあるにもかかわらず、上司がチェックしたとは思えないことである。

複数の人間により書誌情報に間違いがないかがチェックされていれば明らかに防げたミスが多い。もっとも、ここで上司という言葉を使った。上司は主任だろうか?主任は司書が務めることがほとんどだ。しかしチェックしていないだろう。京都市はアスニーに委託しているので、副館長以上の職員がチェックしているとは思えないし、能力もない(館長司書は少ない)。

東京基督教大学の書誌情報の異常なほどのミスの数を別の記事で指摘した。その大学もひどいが京都市立図書館のそれも同じくらいひどい。

いや、それよりひどいかもしれない。私がミスを具体的に指摘したのに、1ヶ月半以上たっても修正しなかった(岩倉図書館に指摘した件)。別の書誌情報の大量のミスに関して、具体的に左京図書館の左京図書館の高井かづみ主任と長尾浩副館長に告げたのに、2ヶ月以上経っても何も変更していない件。いくらなんでも仕事をしなさすぎではないか。

この日左京図書館の横山勝館長は、それだけでなく「マニュアルを見せてください」という私の8月4日に出した直接要請に対して、「そんなこと聞いていません」との一点張りだった。証拠の記事が
193.html に書いてあるというのに。このことについては次の記事で詳述するので請うご期待。以下のリンクは京都市立図書館に対して私が指摘したOPACの書誌情報に関するミスに関する記事だ。ぜひお読みあれ。

OPACに書誌情報を間違って入力するのは教育の機会損失なのだ、の巻http://news.ap.teacup.com/reference/157.html

OPACへの入力を疎かにすることは、本を傷めるのと同じくらい罪深いのだ、の巻
http://news.ap.teacup.com/reference/158.html

左京図書館の高井かづみ主任と5回戦を行った、の巻http://news.ap.teacup.com/reference/180.html

左京図書館の職員の実態について
http://news.ap.teacup.com/reference/193.html

図書館職員のレファレンス<参照>原理とは?‏http://news.ap.teacup.com/reference/189.html
日本一OPACへの書誌情報入力に間違いの多い図書館?
http://news.ap.teacup.com/reference/226.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原市立図書館PC問題パート2:ベンダー(MDIS)だけでなく市教委の職員も責任を取るべきだ

相模原市図書館PC問題の記事http://news.ap.teacup.com/reference/339.htmlの続きだ。館内に設置のPCのセキュリティー問題だけでなく、Web Opac を含めたホール・パッケージが腐っていたのがわかる。
 
以下はジャーナリスト・瀬下美和(せしもみわ)さんのツイッターのつぶやきからだ。時系列は下から上に読んでほしい。
 
<blockquote>
執拗だけど、橋本図書館のPC画面には8/11時点でウイルスソフトの期限切れ表示がでてた。講習会では子どもにどんな説明を職員はしたんだろうか?「大丈夫なので気にしないでください」と教えたんだろうか。。http://tinyurl.com/246rher
 
図書館にいったとき、この点も職員に質問したんだけど、「そのメールはあるのか」と聞かれ、保存していなかったので「いえ。。」と回答したら、「それはあなたの思い違いだろう。記録もないし、そんな声は他の市民からあがってきてもいない」とつっぱねられた。今にすると。。
 
同じメールが何度も何度も届く。もともとネット上から蔵書検索するとレスポンス時間が長く、内心「ダメなシステム」と思ってはいたんだけど、徐々に使い勝手は改善されていたので諦め半分。期待半分だったので、「これはダメだ」と面倒になって予約サービスは以降、利用していない。

相模原図書館のURLの問題。私は気がつかなかった。うーん、無念。相模原の図書館システムに欠陥があるのではないかと疑念を抱いたのはじつは3年以上前。当時、webからの自動予約サービスが稼動しはじめ喜んで使ってみたら、予約完了時に届くメールの挙動があまりに不自然だった。 </blockquote>

瀬下美和さんは librahack 誤認逮捕事件が起こる何年も前からWEB-OPACの問題に気づいていた。
行政が購入したコンピューターシステムに問題があるせいで、図書館利用が遠のいたのは由々しき事態だ。これこそ「教育の機会損失」以外のなにものでもない。
さらに悪いのは、市の職員の態度だ。(1)記録がない、(2)あなただけの意見では動かない、とは別のところでも聞いた話だ。そう、長尾浩厳重注意のきっかけになった問題を市教委の総務課に問い合わせるなかで、市教委の酒部係員が発した言葉だ。そのことばとは、「○○さんだけの意見ですから」「私はその場にいなかったので」である。

これはベンダーの能力不足だけでなく、それを吟味する市教委の怠慢と能力不足の責任でもあり、それに輪をかけた道徳心の欠如が相模原市の図書館の職員の態度から窺えるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会図書館のレファレンスは法律と英語が苦手だと思われる

一番下にNDLの回答を引用した。国会図書館のこの担当調査員は、法律の調べ方を知らないはずだ。あるいは英語の読解力が不足しているかどちらか(どちらも)だ。なぜなら、英語のリンクの3つめ(PDFファイル)までたどり着きながら、それがカリフォルニア州法に載る予定の文だということをわかっていないからだ。カリフォルニア州法を調べる方法も知らなかったに違いない。

http://government.westlaw.com/ というサイトがある。カリフォルニア州の法律を調べることができるサイトだ。

そこの検索で、法律のコード番号を入れればよい。93120を入れればいいのだ。するとこのページが得られる(注意:セッションがタイムアウトしました、というメッセージが出る。各自検索画面へ戻って調べてください)。ここからページをめくって行けばいいのだ。
日本で一番優れているはずの国会図書館。こんな程度で大丈夫なのか?

質問 アメリカ カリフォルニア州の「合板製品からのホルムアルデヒド排出規制」を読みたい
英語、日本語、ドイツ語いずれかの言語で書かれたものを希望

回答 ご照会の情報のみでは、法令番号、制定年などが不明なため、正確な調査が困難です。

インターネット上のカルフォルニア州政府の情報を調査したところ、カリフォルニア州大気資源局(CARB: California Air Resources Board)の"Composite Wood Products ATCM"というページに下記の合板製品からのホルムアルデヒド排出規制が掲載されていました。

ATCM(Airborne Toxic Control Measure to Reduce Formaldehyde Emissions
from Composite Wood Products)

CARB: California Air Resources Board【http://www.arb.ca.gov/homepage.htm
Composite Wood Products ATCM 【http://www.arb.ca.gov/toxics/compwood/compwood.htm
Final Regulation Order 【http://www.arb.ca.gov/regact/2007/compwood07/fro-final.pdf
なお、資料1から3を調査しましたが、カリフォルニア州の合板製品からのホルムアルデヒド排出規制に関連する記述は見当たりませんでした。NDL-OPACの一般資料の検索および雑誌記事索引において、タイトルまたは論題名に「カリフォルニア 合板」または「カリフォルニア ホルムアルデヒド」と入力して検索しましたが、該当する資料は見当たりませんでした。
また、上記の法令名情報を元にATCMについて、NDL-OPACの一般資料の検索および雑誌記事索引、下記の当館契約データベース4から6を調査しましたが、関連する日本語、英語、ドイツ語の資料は見当たりませんでした。
未解決

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会図書館のレファレンスのレベルは、ちょっとひどいカモ

国会図書館の参考調査係にはひどいレベルの人もいるようだ。今回紹介する事例ではがっかりさせられた。以下に質問と回答を引用するが、赤字の部分は自分の調査能力の欠如を庇う言い訳にすぎない。私はホルムアルデヒドという文字列を含むすべてのデンマーク法を指摘できたし、それの英訳も提示できた。

質問 デンマークの「ホルマリン法令」を読みたい
英語、日本語、ドイツ語いずれかの言語で書かれたものを希望

回答 ご照会の「デンマークの「ホルマリン法令」」という情報のみでは、法令の正式名称、制定年、分野といった周辺情報が全くないため、正確な調査が困難ですそのため、今回は、ホルマリンはホルムアルデヒドの水溶液なので、ホルムアルデヒド規制に関する法令について調査を行いました。

インターネット上のデンマーク政府の情報を調査したところ、デンマークにおける家具類のホルムアルデヒド規制の根拠となっているのは、下記の環境省令であることが分かりました。

デンマーク語名:"Bekendtgørelse om begrænsning af formaldehyd i spånplader,
krydsfinerplader og lignende plader, som anvendes i møbler, inventar og lignende"

英語名:"Ministry of the Environment Statutory Order no. 289 of 22 June 1983
on limits for formaldehyde in chip board, plywood and similar sheets used in furniture
and furnishings"

この省令のデンマーク語の条文は、デンマークの省令規則が公開されている下記のサイトで閲覧可能です。なお、英語の条文は見当たりませんでした

retsinformation.dk 【https://www.retsinformation.dk/
BEK nr 289 af 22/06/1983 - Gældende

なお、日本語文献である資料1から4を調査しましたが、「ホルマリン法令」に言及している箇所は見当たりませんでした。
また、上記のデンマーク環境省令について、省令名で、NDL-OPACの一般資料の検索、および雑誌記事索引、下記の当館契約データベース5から7を調査しましたが、関連する日本語、英語、ドイツ語の資料は見当たりませんでした。

(以下の引用を省略)

未解決


chamber method,formaldehyde, regulation, denmark でGoogle検索したら、このドキュメントがヒットした。

これを見ると、デンマークにおいてホルムアルデヒドについて触れている法で参照しなければならないのは以下の3法である。法律3が前2者を含んでいるので、法律3の英訳などが見つかればいいのだ。

法律1 Bygningsreglement for erhvervs- og etagebyggeri
(Building regulations for multi-storey buildings)
See clause: 11.3.2 Formaldehyd

法律2 Bygningsreglement for smĺhuse
(Building regulations for small houses)
See clause: 6.4.2 Formaldehyd
Available in Danish at: http://www.ebst.dk/

法律3 Bygningsreglement 2007
(Building Regulations 2007. Draft.)
Building Regulations applying to all buildings that are currently subject to building regulations for multi-storey buildings and small houses. The building rules are hereby combined into one regulation.
See clause: 6.3.2.2 Formaldehyde

しかし Bygningsreglement で調べると、なんと抄訳だが日本語に訳されていた!

NDL OPAC で該当法の一つ(法律2)が日本語に訳された本が見つかった。
請求記号 CD2-411-G1
タイトル デンマーク小住宅建築規則
責任表示 三本木健治訳


まさに灯台下暗し、だ。国会図書館の調査能力はこの程度なのか?たまたま担当者のレベルが低かったのだろうか。

公定訳ではないが、法律3 Bygningsreglement (the Danish Building Act) の全文の英訳を見つけた。そのうちアスベストの項のみを引用する。

6.3.2.2 Formaldehyde 6.3.2.2(1) Chipboard, wood fibreboard, plywood sheets and similar sheets containing glue that emits formaldehyde are only to be used if the emission of formaldehyde does not give rise to an unhealthy indoor climate. (6.3.2.2(1)) This provision only covers sheets containing formaldehyde-liberating glue and thus not sheets that are glued using, for example, phenol, resorcinol or isocyanate glues without the addition of urea formaldehyde. This functional requirement is satisfied if the CE marking shows that the building material is covered by class E1 in accordance with DS/EN 13986 Wood-based panels for use in construction – Characteristics, evaluation of conformity and marking.


なお、先ほど引用したドキュメント(Google検索でヒットした、チェコドメインの rtf ファイル)にも別の人による英訳が載っている。チェックしてみてもいいだろう。

法律3は1と2を含むので、これで十分だろう。なお、製品が CE Mark を取得する条件は先ほどのGoogle検索でヒットしたドキュメントのリンクを参照のこと。

E1の条件:Equilibrium concentration of formaldehyde in the air of a test chamber: ≤ 0.1 ml/mł (≤ 0.12 mg/mł).

参考に、法律1から3のデンマーク語の原文を紹介する。

法律1 のデンマーク語原文はこちらだ。0.15mg/m3 を超えないのが規則だ。

法律2 のホルムアルデヒドに触れた箇所のデンマーク語原文がこれだ。国会図書館の調査担当者は、原文の中のDS/EN 13986を手がかりに調べようともしなかったのだろうか?あまりにも手抜きだと思われる。

法律3 の2008年版の原文がこれだ。

デンマーク語では、英語の綴りの末尾の e が落ちて formaldehyd となる。これでデンマーク法のホルムアルデヒドに触れた全箇所を http://www.ebst.dk/ で検索できる。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

香川県立図書館のレファレンスと対決!

香川県立図書館 へそのある魚についての資料が見たい。

回 答

次の資料を提供したが、心臓や内臓のことではないとのこと。

・おもしろいサカナの雑学事典(4875/S4/2)
  ※P267 「イナのへそ」は胃の幽門部で、筋肉が厚くなっているところで、へそではないとある。
    P130 また、焼津ではカツオの心臓を「かつおのヘソ」と呼んで食べているとのこと。

未解決



「へそ」のある魚という矛盾にまず気付かなければならない。platypus カモノハシは哺乳類でありながら卵生である。何事にも例外があるのだ。魚にも当然そういった例がないかを考える。サメがそうだ。

サメには卵生と胎生がある。れおポン電子画廊から引用する。

サメの生殖は三種類あります。 卵生 ・ 卵胎生 ・ 胎生 です。


Aussie fish fossil gives birth to history という記事もある。絶滅した種だが、へそのある魚の化石だ。

私の回答:サメにはへそのある種類があります。

よしもとおもしろ水族館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉県立久喜図書館とガチで勝負した(パート2)

埼玉県立久喜図書館 ペーター・ヘルトリング著『散文詩集「さすらい人」』(1988年)の書誌事項を知りたい。

回答 以下の雑誌記事やヘルトリングの図書資料に関する書誌事項はわかったが、質問の散文詩集についての出版は確認できなかった。
未解決


ドイツ語のウィキペディアの Peter Härtling のノードに、彼の作品として Der Wandererが記してある。

注目してほしいのは、Gedichte(詩)のところに Der Wanderer があるのではなく、Romane, Erzählungen, Autobiografisches (小説、物語と自伝)のところに載っていることである。覚え違いなのだろう。

こちらには書影もある。

Nacsis Webcat より引用。

Der Wanderer / Peter Härtling. -- (BA04996902)
Darmstadt : Luchterhand Literaturverlag, c1988
157 p ; 20 cm
内容: Der Wanderer / Peter Härtling ; Die Winterreise / Wilhelm Mü
ller
注記: Bibliography: p. 156-157
ISBN: 3630866743
著者標目: Härtling, Peter, 1933- ; Müller, Wilhelm, 1794-1827

WorldCat の書誌データはここ

ちなみに彼の略歴(日本語)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左京図書館の高井主任に質問攻めした、の巻

左京図書館には和風美人の図書館員がいる。高井かづみ主任だ。
私は本日、左京図書館で1冊の絵本を手にしていた。『ルネサンス踊り絵本』(原田宿命 文、架空社)という本だ。背のシールはNDC分類のそれではなかった。 E/ルのシールが貼ってあり、OPACではE/E/ルとなっていた。
私は思った。この本を、もしタイトルも作者も知らず、検索によってたどり着くにはどうすればいいのだろう。早速館内のOPAC端末2種類で調べてみた。
ご存知のように、館内には通常2種類、タッチパネル式の使いにくいタイプの端末と、キーボード式の端末がある。タッチパネルをまず調べた。「分類」をみても、1から9までからしか選べなかった。これはご存知のように、NDC分類だ。NDC分類ではない資料は「分類」からは探せないことになる。
左京図書館の高井主任に尋ねてみた。やはり無理らしい。「キーワード」のフィールドに「絵本」と入れて調べても、京都市立図書館に所蔵の全絵本の資料を網羅的に含んでいないだろう。これはタッチパネル式だけでなくキーボード式OPACについても同様だ。高井氏は、OPACで「絵本」で調べると1000件ヒットした、と言った。しかし京都市立図書館の所蔵絵本はそれだけではないだろう。
そこで高井主任に尋ねた。京都市立図書館所蔵の絵本のカタログはありますか?高井主任の答えは、大型絵本に関してなら左京にあるということだった。しかし彼女は相変わらず、(1)所蔵しているのにOPACから検索できない資料が存在する事実、(2)所蔵しているのに所蔵絵本のカタログすらない事実に関して、それが重要な行政の怠慢だという認識がまったくなかった。申し訳なさそうにもしないし、それを恥とすら感じていないようだった。
CD・DVDのカタログに関しては、岩倉図書館ならばOPAC端末横のカウンターで見られるようになっている。それは評価できる。しかし左京はどうだろうか。絵本のカタログがないという事実は重大ではないのだろうか。
今日、もうひとつOPACで不明な点があった。まずタッチパネルのOPACで、キーワード検索に「ぐらも」と入れて検索すると、1件しかヒットしない。タイトル名は忘れたが、神社関係の資料だった。しかもそれは、書誌詳細画面には「ぐらも」に似た文字列がいっさいないのだ。
私は経験から、書誌詳細画面にない情報を拾ったのだということを知っている。高井主任に業務用OPACで確認してもらったところ、「鎌倉」の「くら」と、スペースと、「も○○」という文字列を拾ったようだった。「くら」を拾ったのは、以前この会報で紹介したリコーのLIMEDIOの「あいまい検索」に似た、富士通 Ilis の機能が発動した結果だ。
前にも述べたように、業務用 OPAC だけでなく利用者用のそれにも、書誌詳細画面で「なぜこの検索語でこの資料を拾ったのか」が明らかになるように設計するべきだ。
高井主任にはこの機を利用して次の関連質問もしてみた。「ぐらも」の例では、書誌詳細画面から「ひらがな+空白+ひらがな」の文字列を拾った。しかし「ひらがな+空白+カタカナ」ないしそのバリエーションは拾うのだろうか?
高井主任には通じなかった。わかりやすいように紙に書いて質問した。
書誌情報に「サッカレー 粉」(空白はママ)という文字列が含まれていたとする。OPACの検索語に「かれーこ」として検索すると、その書誌情報を含む資料を拾うのだろうか。
私は経験から、「漢字」と「漢字」間、「ひらがな」と「漢字」間、あるいは「ひらがな」と「ひらがな」間の連結に関しては、拾うと認識している。漢字に関しても、読みを入力するので、「ひらがな」を「漢字」に置き換えても真だ。しかし「かたかな」と「ひらがな」間の連結に関しては、少なくとも「書名検索」では、単語単位でなければ、拾わない。
抽象的でわかりにくいと思うので、具体例を出そう。『ガラスの仮面』を調べたければ、「がらすのかめん」でヒットする。しかし「がらすの仮めん」ではヒットしないのだ。同様なことが、「障害者」「障がい者」に関しても言える。「障害者」と「障がい者」は互いに排他的なのだ。Licoh のあいまい検索もこういった例を考慮していない。単語単位なのだ。
このことの確証が欲しかった。そこで高井主任に確認をお願いした。
この質問がどんな意味(意義)があるのか、まだピンとこない人が大半だろう。そこで、複合名詞を考えてみて欲しい。
「総合うつ病判断」という文字列を探したいとする。「うつ病」には、「うつびょう」「うつ病」「鬱病」など3通りの組み合わせがある。しかし、OPACのシステムをちゃんと理解していないと、どの組み合わせでは検索結果から除外されるのか、不安でしかたがないのだ。
「総合鬱病判断」という文字列を書誌情報に含む資料を所蔵しているのに、OPACのシステムでは「うつ病」を「鬱病」の資料ではヒットしない、という事実があると、重大な機会損失だ。
高井主任はこの質問の意義に関して理解していないはずだ。でも質問に別の機会に答えることについては同意してくれた。
それでもかづみさんはあいかわらず、非言語的手段で「嫌そうな」態度を取る。このことについてはさんざん「市長への手紙」で報告したので、控えめだ。しかし確実に、やる。「障害者」の例をしゃべろうとした時も、かづみさんの発話のオーバーライドにより無視された。その他にもオーバーライドされたが、具体例は忘れた。
ほかにも質問した。OPACの書誌情報の誤りを利用者が発見した。このことを職員に告げた。その職員は気軽にOPACの書誌情報の誤りを修正できるのだろうか。ひとつの修正ごとに、館長決裁が必要なのだろうか。このことを尋ねた。
左京図書館ではどうか、尋ねた。高井主任は、答えかねる、と答えた。システムの変更には中央図書館の職員しか関与できないとのことだった。しかし、私が具体例をあげてわかりやすく説明しているのにもかかわらず、そういった回答だった。私はさらにわかりやすく説明した。
Richard MacAndrew の "Blood Diamonds" の書誌情報に出版社名の情報が欠落している。岩倉図書館の職員にそのことを伝えた。1ヶ月以上経つが、修正がなされていない。その他の入力ミスについてもだ。
もしかして、ひとつの書誌情報を修正するのにも、大変面倒な書類手続きがあるのだろうか。その疑問が背景にあった。
高井主任は、質問の理由が理解できないから、回答を渋った。私は理由を説明した。1ヶ月以上も放置するのが常なんて、中くらい以上の民間企業ではありえないことだ。
高井主任は、信じられない回答をした。書誌情報の間違いを指摘されても、現物が手許にないかぎり、別の館では修正できない(しない)と言った。私は驚いた。ルールに書かれているのですか?マニュアルにはどうかかれているのですか?しかし高井さんは、マニュアルはない、といった。すべて職員の判断で決めている、とのことだ。
私は即座に、高井主任にマニュアルがあるのかないのか確かめてください、そしてもしあれば、見せてくださいとお願いした。見せないのであれば、その理由も付すよう、念を押しておいた。またマニュアルは市教委が作るのか、アスニー作成なのかも尋ねておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都市立図書館で観察される館間コミュニケーションの貧困さについて

ILLを利用して京都市立図書館が所蔵しておらず府下の図書館の所蔵する資料を左京図書館取り寄せで頼むことがある。ときに岩倉図書館取り寄せで頼むこともある。依頼はオンラインではできず、館内の用紙に記入してカウンターに提出する。
今年のあるとき、京都府立図書館所蔵の資料を相互貸借で岩倉図書館で取り寄せしようとしたことがあった。その申し込みを左京図書館で記入し、カウンターに提出した。書類は受理された。
別の日に左京図書館へ行ってみると、和美人の高井主任がこう告げてくれた。京都府立図書館のルールなのだが、ILLの申し込み館と受け取り館は同一でなければならない。私は納得して左京取り置きに変更してもらった。
さて、別の機会に、府立図書館所蔵の別の本を、今度は岩倉図書館で申し込み、左京図書館で受け取れるように手配してもらおうとした。しかし前田主任に用紙を手渡す段になって、私は例のルールを思い出した。前田さんはそのルールのことは知らないようだった。「岩倉で申し込んで、別の館で取り寄せてもらうことはできないんでしたっけ」と尋ねると「そんなことはないと思います」という答えだった。
ちょうどいい。組織論から京都市立図書館の館間コミュニケーションの貧困さについて、昨年の9月にみっちり「市長への手紙」で意見を申し上げたところだ。実際に彼らが変わったのか、変わろうとしたのかを確かめるいい機会でもある。
すんなり岩倉の前田主任はILLの申し込みを受理した。1週間後、電話が岩倉図書館の大門さんからかかってきた。やはり、岩倉で申し込んで、左京で受け取ることはできないとのことだった。
昨年の9月に市長への手紙で力説した、館間コミュニケーションのあまりのなさについて、なんの改善もなされていないことが、これではっきりした。以下に、私が職員だったら、こういう手順がなされるべきだったとするものを示す。
高井主任が「府立図書館からの貸借本は、左京図書館で申し込んだら左京でしか受け取れない」というルールを、知った時点でまずメモしておく。この知識を市民に知らせるために考えを巡らせる。役所あるいは公務を委託した法人は、何事も変えるには決済が必要なのだろう。まずこのことは館長に報告しないといけないのかもしれない。私だったら迅速にすべての館に周知させるように計らうのだが、現時点では京都市立図書館は、館間コミュニケーションに電子メールは使えないことになっているらしい。電話やファックスや手紙を使っているらしい。メールや掲示板だと瞬時に全館に知らせることができるのに、そういった基本的な利便性を活用していないようだ。
しかし高井主任は、あいかわらずそういった行動はいっさいとらなかったようだ。
京都市立図書館の ILLの冊数は相当なものだ。なかには私の例のように複数の館を利用する者も少なくないはずだ。仮に10%程度が「A館で申し込んでB館で受け取りたい」という需要があったとしても、相当な冊数になる。
事務の手間を省くためにも、利用者の利便を図るためにも、「A館で申し込んでB館で受け取りたくてもできない図書館」の情報を、ホームページやカウンター上に置いているQ&Aなどで明記しておくべきだ。そういった発想ができない職員がいるというのは、残念で仕方がない。
普段から、利用者のために改善したい、と考えていれば、手をこまねいているということはできないはずだ。
高井主任は貴重は情報を得たにもかかわらず、自館だけの知識として持っておくことに甘んじ、京都市立図書館の他館と、その貴重な情報を共有しようとしないのだ。なんのためのコンソーシアムなのだろう。数の優位を利用できていないではないか。
利用者のほうも、ホームページを見れば、地域館はそれぞればらばらの館ではなくて、共に哲学と目標と道具と人材を共有したひとつの有機体なのだと思う。しかし現実に各館の職員は館ごとに考えもっばらばらで、ひとつの館の情報が他館と迅速に共有されない現実があるのだ。
高井主任は、まず館内で新情報<府立図書館からのILLは、A館で申し込んでB館で受け取れない>を共有するよう図るべきだった。そしてその知識をほかの館と共有するように図るべきだった。
以上見たように、館間コミュニケーションの痛いほどの欠如は、私が昨年9月に詳細に提案してからも一向に改善されていない。担当の佐々木善弘業務係長はいったい仕事をしているのだろうか。倫理だけでなく実行力も持ち合わせていないではないか。ないないづくしではないのか。こういう人間を重要なポストに置き続けてもいいのだろうか。市民にとっては残念な話だ。


メールユーザも気になるインターネットの検索調査 検索結果で欲しい情報が見つからない→○%

| | コメント (1) | トラックバック (0)

提案をうっとおしがる役所の気風をガラガラポンしたい!

座談会「流動する図書館員-流動することの利点・難点」(『ず・ぼん⑮』、ポット出版)から引用する。久住さん(仮名)は独立行政法人運営の図書館職員(特定任期付き)とのことだ。
 
[blockquote]久住(仮名)「私は、やはり異動はしたくないですね。一つのところでじっくりやっていきたい気持ちがあります。自分自身の性格ですが、いつクビを切られるのか不安でしょうがないんですよ。何か提案をすると切られるのではないか、とか。」[/blockquote]
 
解雇や雇い止めが怖いというのはよくある話だ。しかし「何か提案をすると切られるのではないか」と不安がるのは、なんとする?
 
まず、提案をするくらいで、それを口実に解雇や雇い止めにされる、と考えるのは、それだけでチキンの証だ。提案をするくらいだから、組織あるいはサービスの受益者にとって利になることを提案している。それなのに、提案するくらいで解雇や雇い止めの理由にされると考えるとはなんたることか。
 
あるいは、実際にそういったことはよくあるのだろうか。私自身の経験では、京都市立図書館や京都市役所は、市民からの提案に対し、信じられないくらい無反応だった。実際に提案を容れたのに、なんのねぎらいのことばもない、ということばかりだった。
 
変化に適応するのが日常の課題である成長分野の組織では、従業員あるいは顧客の意見が、意見というだけでうっとおしがられ、解雇の対象になるといったことは、考えられない。そんな組織文化だと、市場原理で淘汰されるのが落ちである。一方変化は緩慢で、顧客たる市民へのサービスは二の次で組織の安泰を第一とする役所では、意見を言う輩は排除と軽視の対象なのだろう。
 
この証拠はたくさん見つかる。現に『ず・ぼん』のこの巻にも見つかった。私自身もなんども、提案をうっとおしがったり、無視したりされた。京都府立図書館の職員のブログでも、複数の職員が証言している(島○さんのブログ、是○さんのツイッターとブログなど)。
 
昨年京都市立図書館の業務係長だった(現在図書課課長補佐兼業務係長)佐々木善弘も、わたしが組織論・組織コミュニケーション論を含め具体的な提案をいくつもしたのに、それに対して何のコメントも返さなかった。「わたしは行政畑の人間ですから」という口実をつけて、何もコメントしない。職員の態度の持続的なまずさに対して、改善しようとしない。ごめんなさいも言わない。
 
職員の個人的な道徳心の欠如や、するべき行動を取らない怠慢は、その職員をほかの仕事ができる職員に替えれば済む話だ。しかし沈滞したムードの多くの役所(役所の出資法人も含む)の組織文化・気風を刷新しないかぎり、「役所病」「公務員病」はいつまでたっても克服できず、次の世代にまで持ち越すだろう。


Hotmailがサクサク動く! フィッシング詐欺も怖くない MSN版 Internet Explorer 8 ダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュバインシュタイガーのPAでのミシン縫いアシストと、それに翻弄されるアルゼンチン選手に、京都市立図書館職員のアナロジーを見た

サッカーワールドカップ・南ア大会のアルゼンチン対ドイツ戦を観戦した。
すべてのゴールがすばらしかった。エジルからのクロスをクローゼが決めたダイレクトボレーも簡単そうでしっかり決めるのもよかった。高い位置でボールをスライディングで奪い取り、速攻でポドルスキーが左ペナルティーエリアからグラウンダーのクロスを入れて点取ったシーンもすばらしかった。
 
しかしなんといってもシュヴァインシュタイガーのゴールだろう。ミシンのようにアルゼンチンディフェンダーが密集したペナルティーエリアを縫うように進入してフリードリヒの足に合わせた。すばらしいゴールを観た。
豚ライダーさんは本当に凄い。
 
しかもゴールの瞬間、アルゼンチン陣内のペナルティーエリアにはアルゼンチン選手が8人もいる。それをずたずたに切り裂いていった。
 
シュヴァインシュタイガーはゴールにつながるラストパスの直前にフェイントを入れていた。やはりフリードリヒに対してのパスのフェイクだったのだが、その時点ではフリードリヒは敵に近かった。だからアルゼンチンの9番イグアインの左でパスのフェイクをするが、直感的に駄目とみると、するすると更に深くドリブルを流して、最後に9番の右から、ラストパス。その時点ではフリードリヒはフリーになっていた。
 
フリードリヒは足で合わせるだけでよかった。アルゼンチンのディフェンダーはスライディングをしたが、間に合わなかった。
 
<object width="640" height="385"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/Pfj-kdpEdMo&amp;hl=en_US&amp;fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/Pfj-kdpEdMo&amp;hl=en_US&amp;fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="640" height="385"></embed></object>
 
この日のアルゼンチン代表のディフェンスは、京都市立図書館の職員を彷彿とさせるものだ。職員がいじめに似たことをしているのに、他の職員にそのことを告げると「そんなことはありません」と調べもせずに言う。そのことを市長への手紙で報告しても、当時業務係長の佐々木善弘は返事も出さずごめんなさいも言わない。市教委の酒部さんによると、何も起こらなかったことになっている。
 
ひどいのは、京都市立図書館のどの館に電話して、詳細を伝えて訴えても、皆「当館は関係ない」「市立中央図書館に直接電話してください」「上司に伝えておきます」といった反応ばかりだ。何度「市教委の人間は思いやりや道徳心がないのか、一向に真剣に対処してもらえない」と言っても、そのような無関心な対応ばかりだ。
 
役所の一番の欠点は、上司に倫理性の欠く人がいれば、その人の考えがすべてに適用されることだ。公務員の義務は上司に正確に事を報告することだ。そこには倫理の力が働かないのだろうか。
 
肝心の上司の行いがひどいと多くの館に伝えている。そのことを市民から知った末端の職員は、倫理的に照らし合わせて、どう行動すべきだろうか?
 
答えは明白である。その上司を飛び越えて、上司の上司に報告するのである。それが日本人の倫理である。「ホットライン」という言葉を聞いたことがないはずはない。
 
私が伝えた職員のいずれも、そのことをしなかったに違いない。信じられない組織だ。しかしこれがアイソモルフィズムのなせる業なのだろう。つまり、日本全国どこの役所も似たような対応をされるのかもしれないのだ。
 
おそらく役所は日本で一番日本人の美徳から遠い組織だ。いじめの問題は、役所の問題と密接に絡んでいると実感した。次の状況を一緒に考えてみてほしい。
 
A組の生徒がB組の先生にこう訴えた。「I先生、A組のT先生から嫌がらせを受けているんです。」
するとI先生はこう言った。「T先生はぜったいにそんなことをする人ではありません。」
 
このような対応をI先生がしたとする。この生徒は自殺するかもしれない。
 
確かに I先生にとってはT先生は仲間で嫌がらせをする人間には見えないかもしれない。しかし人は接する人間によって天使にも悪魔にもなれるものだ。I先生はT先生に友情を感じている。お酒も食事も一緒にする。しかしそのことを、T先生を無条件で弁護する根拠にしてはいけないのだ。
 
I先生が取るべき正しい行動は、その生徒に事の詳細を聞き出し、公平に対処することである。そこで門前払いするようでは、教師失格だ。
 
私は、今は左京図書館にはいない今岡さんに、主任の高井さんから無視されていることを静かに訴えた。しかし今岡さんは「(高井主任は)そんなことは絶対にしない」といって何も行動をそれ以上起こそうとしなかった。
 
そのことを市長への手紙で訴えた。しかし運営の佐々木善弘らは、なんの行動も取ろうとしなかった。
 
このことは機会を改めて詳述するつもりである。
 
せっかくの昨日のドイツのフスバルフェストに水を差してすまない。しかしこのことは、ドイツのすばらしいゲームと強引に結び付けても、言っておかなければならないことなのである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レファレンスサービスと投稿動画サイト

秋田県立図書館<a href="http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000031641">「アメリカ同時多発テロ(9.11テロ)の視聴覚資料の所在について」</a>


回答は、CNNのウェブサイトの video のページから視聴できる、というものだった。今試してみたら、重くて開けなかった。たまたまかもしれない。

しかしこの県立図書館のレファレンスの内規には、Youtube などの動画サイトをお勧めするのは控える、というものがあるに違いない。Youtube なら違法アップロードの画像がたくさんみつかる。911の映像もたくさんある。

CNNの例のサイトにたどり着くのは、Youtube で瞬時に見つけるよりだいぶ苦労しただろう。


しかし、見つけてくれたのはありがたいが、Youtube の動画のほうがわかりやすい事例もたくさんあるだろう。テキスト情報では説明しにくい情報も、解説している動画がたくさんある。

プレステやDVDプレーヤーなどのレンズの裏の磨き方なんかも、テキスト情報だけで適切に説明するのはほとんど不可能だ。車のタイヤの交換方法もだ。しかしテキスト情報プラス動画だと実にわかりやすく説明できる。

もしかして、Youtube の個別の動画の違法性を鑑みず、Youtube を紹介するのを一律に禁止している図書館もあるのではないだろうか。Youtube には、個人が投稿した動画もたくさんある。そういったものも紹介できるようにすれば、レファレンスの価値はあがるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カールスバード市の図書館は日本の大都市立図書館よりはるかに充実している。

アメリカの City of Carlsbad というドイツの都市みたいな市の図書館はすごく楽しそうだ。<blockquote>Wikipedia より引用:カールズバッド(Carlsbad)はアメリカ合衆国ニューメキシコ州エディ郡郡庁所在地。2000年の国勢調査では、都市の人口は27,463人。カールズバッドは、総人口が51,658人のカールズバッド=アルテシア指定小都市圏の中心である。</blockquote>

人口規模が2.7万人と、とても小さい都市なのに、この図書館の充実ぶりはすごい。以下にその一端を紹介する。

Teens の Hang Time というのがすごく楽しそう。ポップコーンやピザと映画、などいかにもアメリカ的だ。テレビゲームを大画面で、というのもすごい。

<blockquote>


Popcorn & Games

Munch some popcorn and play board games with friends.


TeenScape

Play video games on the big screen! Challenge friends in Xbox 360 games like Rock Band and Scene It?.


Animanga Hour

Calling all otaku and cosplayers! Share a passion for anime and manga with others and watch anime favs on the big screen.



Pizza and a MovieGrab a slice and enjoy favorite flicks with friends.
</blockquote>

http://www.carlsbadca.gov/services/departments/library/teens/Pages/hang-time.aspx


図書館カード番号を入力すれば、遠隔で図書館のデータベースにアクセスできる。オンラインデータベースや語学ソフト(Mango),スペイン語話者のためのデータベースなどすごく充実している。骨董品の相場のデータベースだったり、車の修理のためのデータベースだったり、日本の公共図書館に設置するとは考えにくいものまである。至れり尽くせりだ。 http://www.carlsbadca.gov/SERVICES/DEPARTMENTS/LIBRARY/RESEARCH/Pages/login.aspx


Literacy service といって、読み書きに不自由な人向けにサービスがある。ボランティアが担当するらしい。日本より切実な問題なのかもしれない。
http://www.carlsbadca.gov/SERVICES/DEPARTMENTS/LIBRARY/LITERACY/Pages/default.aspx


Homebound program といって、家を出れない人むけに出張サービスもあるらしい。やはりボランティアが担当する。

市内のすべての図書館でパソコンが無料で使える。Word, PowerPoint に Excel まで使え、WMPも使える。Popcap Games というゲームもできる(いろいろな単純なゲームができそうだ)。日本の公共図書館じゃどこでもゲームは禁止だ。USBメモリーやCDまで図書館で売っている。そもそも図書館でパソコンを使える公共図書館は日本にもあるが、たいていUSBメモリーすら使わせてもらえないと想像する。


"The Library subscribes to research databases containing trusted information not available on the Internet." とあるように、インターネットで利用できない医療データベースまで利用できる。

とどめは、電子書籍もダウンロードできることだ。http://www.carlsbadca.gov/services/departments/library/about-us/Pages/downloadable-audiobooks.aspx


ILL はどんなに近くても金を利用者から取るらしい。

英語圏ではブック・クラブというものが普及している。日本には、図書館友の会といった感じの会はよくあるようだ。しかし、特定の本をテーマにみなで集まって、議論しあう会は、圧倒的に少ないのではないだろうか。ちなみに京都市立図書館では、小さな子供対象の読み聞かせ会は多数ある。しかし大人向けのこういったブック・クラブのイベントはないと思う。

http://www.carlsbadca.gov/services/departments/library/about-us/Pages/book-clubs.aspx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OPACへの入力を疎かにすることは、本を傷めるのと同じくらい罪深いのだ、の巻

京都市立図書館のOPACで、
Penny Hancock と著者名に入れるべき情報を Penny Hancoch と綴って入れているものも2件あった。
人名の大文字にすべきところを小文字に入れていた書誌情報もあったが、これは自動でどちらも拾うので、小さな問題だ。
そのほかにも綴りミスがあり、全部で5つほど見つけた。
「キーワード」を「小説」にしても、Cambridge UP の小説を拾わなかった。書誌情報に書いていないのだろうか。
OPACへの入力をおろそかにすることは、本を傷めることと同じくらい重大な問題だと思う。理由は一つ前の記事に書いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OPACに書誌情報を間違って入力するのは教育の機会損失なのだ、の巻

OPACに書誌情報を間違って入力するのは教育の機会損失なのだ、の巻

OPAC に書誌情報を記入するのは図書館職員の大事な仕事だ。

一度記入しただけで満足せず、ダブルチェック・トリプルチェックをしてもらいたいものだ。OPACで蔵書から探したのに見つからず、その図書館系列では存在しないものと思っていた本があった。しかし後でわかったことだが、OPACへ情報入力する際の単純なミスだったのだ。

 

本を蔵書しているのに OPAC で検索されない、ということは、宝の持ち腐れということを意味する。そのことは、「教育の機会損失」の一部である。

 

「きちんとしたOPAC入力の仕事をしている図書館を利用する住民なら当然享受できる潜在的な教育機会を、OPAC入力にミスの多い図書館が奪っている」ことになるのだ。

 

いつものように、厳しいことを言うようだが、教育の最前線にいる図書館は、小さなミスとは思わず、書誌情報の入力には気合いを入れて行ってもらいたい。

 

2,3年前に左京図書館の高井主任に言ったけど、「ははは」と不可解な笑いをして去って行った。結局問題は修正されなかった。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報システム課は職務中のツイッターをブロックする設定にすべきだ

このサイト全部を読まないで一部だけ読んで「クレーマー」や「暴言」と決め付けていた Twitter のアカウントがあった。

しかし Twitter のメッセージ入力時間を見ると、この人は勤務中に打ち込んでいるのではないかとの疑念が生じた。

役所のシステム課は Twitter をブロックするフィルターはちゃんとかけているのだろうか。この際チェックしてほしい。普通、業務にツイッターは必要ないだろう。

仮にツイッターに有益な情報があったとする。でも職員が誘惑にかられて勤務時間中にツイッターをするというリスクのほうが大きいはずだ。

よって、システム課には有無を言わさずツイッターをブロックする設定にしてほしい。また Twitter を職務時間中にしていた職員を問題視すべきだ。

ちなみに、例の Twitter アカウントは、職務中にツイッターをしていたのがバレてはいけないと思ったのか、アカウントが停止されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川県立・福井県立・鳥取県立編<あなたの都道府県立図書館のレファレンスは何型?その2

あなたの都道府県立図書館のレファレンスは何型?(パート1)からの続きだ。

まずは香川県立図書館の参考調査の申し込みフォームから。

香川県立図書館

「質問内容は、要点をまとめて簡潔にご記入ください。
 また、質問内容について
  ・ 何の資料に載っていたか、何によって知ったのか
  ・ 調査済みの資料およびその結果、など
 を教えていただければ、より適切な調査ができます。
 お申し込みの内容によっては、回答に時間を要する場合があります。」

やはり(1)や(2)を依頼者に指定させていない。しかし香川県立は「常に全力タイプ」なのかもしれない(埼玉と同じくA型)。レファ協に積極的にアップしていると自然にそうなるのかもしれない。常に全力で取り組んでも無駄にならず、レファ協にアップできるという安心感から、そうなっているのかもしれない。

話は逸れるが香川県立図書館調べ方マニュアル アクセスランキングというものを見つけた。こういった企画は楽しくついクリックしてしまうものだ。香川県立のレファレンス事例に関するランキングもある。

他にもGoogle やレファ協DBのカスタム検索で利用者の利便性を図っているようだ。

福井県立はメールで直接送ってもいいがフォームも 用意してある。こちらのプルダウンメニューに着目した。年代を指定できるようになっている。「資料をご紹介するための目安にします。」と書いてある。たと えば小学生に対してはわかりやすい表現や資料紹介に努めるという趣旨なのだろう。事例紹介の「区分」に「社会人」とある場合は常にA型で取り組んでいると 見ていいだろう。しかし「大学生」と「社会人」の回答レベルを同じにするのかは不明だ。その場合は単に統計目的なのかもしれない。「短大」と「社会人」に 回答レベルに差をつけたら差別だからだ。統計目的と回答レベルの調整のための両方を兼ねていそうなプルダウン指定だ。もし本格的に調べてほしい小中学生が いたら、目的のためには統計には偽ることになるが「社会人」と指定することになるだろう。「小学生だからすべてをそのレベルに扱う」のではなく大人扱いし てほしい子供には大人と同じように扱う意識も大切だろう。

C,Dは省略するが、(A)福井県立図書館で閲覧したい。(B)資料を見なくてもよい。回答を見たい。というものを指定させる項目がある。これにより、資 料を見なくてもよい人に所蔵状態を知らせる手間も省ける。埼玉県立のように、取り置きいたしましょうか、というオプションを提示するといったキメ細かで親 切な案内をするための指定なのかもしれない。

単に統計目的ならば福井県立がC型とは言えない。しかしそうでなく子供と大人とで回答レベルを変えるならばC型だ。この点は実験してみないとわからない。

回答期限は1週間以内か1か月以内かを選択させる。福井県立のレファ協の事例詳細にはその情報が書いていないので、実用的な区分けだ。ただ短時間で間に合わせたからといって、そちらのほうが長く時間をかけたものより劣っているとは限らない。ただ全体的には長い期間時間をかけたほうが質が高いだろう。

鳥取県立のはフォームが用意してある。福井県のようにキメ細かには詳細を依頼者に尋ねていない。具体的に質問内容を記述せよとは書いてあるが、「深く広く調べてほしいならその旨記せ」とは書いていない。常に全力型ならそう書く必要はないのだが、C型ならばそう断っておくべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«公務員の公務は公開対象だ